自己破産でも借りれる消費者金融キャッシングリスト一覧

自己破産後だからお金が借りたい。借りれる消費者金融は?

自己破産をして何の財産も持っていないからこそ、急な出費でとても困ることがあります。

借金を自己破産という方法で債務整理して、新たな人生のスタートを切ったわけですが、免責を受けて、ほぼすべての借金が無くなったとはいえ、再出発は経済的にとても貧しい状態で始まります。

まずは、自己破産の手続きを一生懸命やってくれた、弁護士や司法書士の方への報酬の支払いがありますね。

借金はなくなったけれど、同時に貯金も財産もないわけだから、これからきちんと働いて生活を立て直していかなくてはなりません。

自己破産後でもお金が必要になることはある

しかしそんなこととは無関係に、家族が病気になってしまったりして、急にお金が必要になってしまうことだってあります。

自己破産をした後は、クレジットの個人信用情報に破産の記録が残っていますから、これまでのように大手消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りるわけにはいきません。

急な出費に対するお金を用立てるには親類に頼るぐらいしか方法がないと思います。

でも、親類に頼れる方であれば、きっと自己破産はしていないですよね。

独自審査の中小の消費者金融なら自己破産でも借りられることも!

一般的には自己破産をして、金融ブラックになってしまうと、どこからもお金を借りることはできません。

しかし、中小の消費者金融や街金であれば、自己破産者であっても独自の審査基準できちんと返済が見込める方であれば、お金の貸付を行っているところがあります。

自己破産後の再出発の生活の中で、もしどうしてもお金が必要になることがあれば、このような中小の消費者金融や街金融でお金を用立てることをおすすめします。

自己破産のブラックリストの期間は?いつ消える?

自己破産によるブラックリストの掲載期間というのは、任意整理や個人再生といった他の債務整理の方法に比べると、最も長くブラックリストに掲載されることになります。

現在は CIC や JICC など、クレジットの個人信用情報を管理している団体では、5年以上の記録は保存しないことになっています。

そのため、自己破産後も5年が経過すれば、クレジットカードの発行を申し込むことができたり、金融会社によっては、お金の借入の申込みをすることもできるかもしれません。

しかし、クレジットの個人信用情報のブラックリスト掲載期間は5年間ですが、自己破産の場合は国が発行する官報にも破産者リストに名前が載ることになります。

この期間が10年で、そのため10年間はブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載るとやはり銀行から住宅ローンを借りたり、自分で事業を起こして銀行から融資を受けたいといった場合に、審査で不利になり、お金を借りれないことが多くなります。

自己破産から5年が経過して、クレジットの個人信用情報は回復できても、銀行から多額の融資を受けたりする場合は、やはり10年間は借り入れが難しいと考えるべきでしょう。