自己破産後でもクレジットカードが欲しいならデビットカードを

自己破産後でもクレジットカードが欲しいならデビットカードを

自己破産をするとクレジットの個人信用情報に破産者情報が載るので、5年間は新しいクレジットカード作ったりすることができなくなります。

5年を超えると国が発行する官報には破産者の名前がまだ残っていますが、クレジットの個人信用情報の事故情報の保存期間が最長で5年のため、5年がたつと自己破産をした方でもカード会社によっては、クレジットカードの新規作成ができる可能性が出てきます。

しかしクレジットカードはインターネットの通販や様々な支払いを行うときに欠かせない生活のインフラになっています。これが使えないというのは、日常生活に支障をきたすことも出てくるでしょう。

自己破産をした方でクレジットカードが作れずに困ってる方におすすめなのがデビットカードです。デビットカードは銀行の口座の預金の範囲内でクレジットカードと同様の使い方ができるカードです。

特にデビットカードに VISA 機能を搭載した VISAデビットであれば、ほぼクレジットカードと同様の使い方ができます。

何年かして仕事で海外旅行に行くような機会があっても、海外専用のプリペイド形式のデビットカードもあるので、海外でクレジットカードが必要な場面でも問題なく使うことができます。

クレジットカードが作れなくなるといっても、今はデビットカードのおかげで、それほど不自由することは少なくなってきました。

しかし、クレジットカードがなくて困るのが ETC カードが作れないことですね。

高速道路を走る際は、 ETC 専用レーンではなく、料金所でお金を払って通過することになります。しかし、クレジットカードが作れずに困るのはこれぐらいではないでしょうか。

デビットカードのおかげで自己破産後もクレジットカードのない生活は何とかなります。

まずは VISA デビットを手に入れてください。