自己破産後にどこからもお金が借りれない時は

自己破産後にどこからもお金が借りれない時は

自己破産を行うとクレジットの個人信用情報にも5年間は破産情報が残るので、その間はクレジットカードを作ったり、新たに消費者金融や銀行でお金を借りるのは非常に難しくなります。

自己破産で借金がほぼなくなったとしても、貯金はもちろん、家や車などの財産も同時に失っているわけですから、特に自己破産直後の生活はかなり困窮すると思います。

債務整理の中でも自己破産を行う方の場合、勤め先の会社が倒産して無職になった方や、何らかの事情で働けなくなり、安定した収入が見込めなくなり、返済の目処が立たずに自己破産したという方も多くいます。

借金はなくなったとしても、当面の生活費にも苦労する可能性があるので、その場合は生活保護を申請するなどの方法を考える必要もあります。

自己破産後もお金を借りられる街金や中小の消費者金融もありますが、基本的に貸金業者は返済が見込める相手でなければお金を貸しません。いくら自己破産した人でもお金が借りれるとしても、収入が途絶えている状況では借り入れは難しいです。

とにかくアルバイトでも何でも良いので、毎月の収入源を確保することを先決にしましょう。

その上で、街金や中小の消費者金融でお金を借りて生活を再建していきましょう。