自己破産から7年、ジャパンネット銀行のカードローンに申込み

自己破産から7年、ジャパンネット銀行のカードローンに申込み

私がカードローンの申請をして審査が通らなかった時の話です。

私は20歳の時に自己破産を経験しました。自己破産に至った経緯は両親の借金の保証人になってしまい、返済がしきれなくなった為です。

両親は工場を営んでいたのですが、経営が苦しくなり消費者金融からお金を借りていました。そして、徐々に借金を重ねて、私が保証人にならなければ借りられない状況にまでなっていたんです。

最悪な事に両親が経営する工場は倒産してしまい、借金の返済が滞った為、保証人の私に返済義務がまわってきたんですね。その時は一般の会社で事務員をしていたんですけれども、その会社の給料だけではとても借金の返済は出来ませんでした。

ですので、ネットで知った弁護士に相談して、自己破産を勧められました。

その結果、借金の返済は免除されたんですけど、弁護士から大体7年間は、クレジットカード、借金は出来ないと伝えられました。

その後、自己破産してから7年間が経過したので、試しに普通口座を所持しているジャパンネット銀行のカードローンに申し込んでみました。

ジャパンネット銀行は30日以内に借りた金額を返済すれば、無利子という事で申し込むだけでも試してみたいと思ったんです。それにメールだけで申請は完結して、定期的な収入があれば提出書類は原則必要はないとの事で、昔の仕組みと変わったのだと思いました。

しかし、申請した後、ジャパンネット銀行からメールが届いたんですが、審査は通りませんでした。自己破産後、7年間というのは単なる目安であり、場合によってはもっと期間が必要なのかとも思いました。

破産者でもお金を借りる記事一覧

自分で稼いだ分以上のお金は使わない 若いうちならやり直せる
自転車操業でも返しきれなくなり、結局25歳の時に自己破産。司法書士の先生に言われる。自分で稼いだ分以上のお金は使わない。それだけをこれから守ればいい。まだ若いんだから大丈夫。と
自己破産から7年、ジャパンネット銀行のカードローンに申込み
自己破産から7年たち、そろそろ審査も通ることができ、カードローンでお金を借りられると思い、ジャパンネット銀行に借入を申込みました。しかし審査には通過することができませんでした。
経営する会社が傾き消費者金融と闇金にお金を借りるも自己破産
経営が傾き銀行の融資を打ち切られ、消費者金融と闇金にお金を借りることに。結局警察と弁護士に駆け込み、自己破産することになりました。もう借りたくないですが借りられるところはあるものです。
収入激減の実家のために公務員がキャッシング そして自己破産
地方公務員で自分の生活で経済的に困ることはありませんでしたが、収入激減の実家のためにキャッシングし、そして自己破産に至りました。
自己破産で借りられない彼氏のためアコムから借金
自己破産してお金を借りられない彼氏のため、私の名義でアコムからお金を借りて彼に渡しています。
父の借金で自己破産。やむなく借りたお金と失われた時間
父の借金の返済に奔走するも、父のギャンブル中毒により自己破産。やむなくお金を借りることもありました。
父が自己破産して私が替わりにキャッシングでお金を借りることに
自己破産してお金が借りれない父に替わって娘の私がキャッシングでお金を借りることに。
低金利の銀行系でも返済は大変 免責の手続きも困難です
低金利の銀行系でもお金を借りると返済は意外と大変です。自己破産も免責の手続きはかなり困難です。
銀行系カードローンで自己破産までお金を借りる
銀行系カードローンで生活費を借りるようになり、とうとう自己破産までお金を借りてしまいました。
自己破産後でも生活費は必要 お金の不足はどうする?
自己破産後でも生活費はどうしても必要です。お金の不足はどうすればいいのでしょうか。
自己破産経験者でもお金を借りれる所はあるのか
自己破産を経験しました。金融ブラックですが、ブラックでもお金を借りることはあるかもしれません。
もうどうしようもない お金を借りられない 破産者でも免責が降りたら
もうどうしようもない。どこからもお金を借りられない。どうしてもお金が必要な場合、破産者でも免責が降りていれば。
連帯保証人になり自己破産後、クレジットカードを持つに至るまで
20代前半で比較的良い給料をもらっていた私ですが、あるとき友達の借金の保証人になり、人生が狂いました...

このページの先頭へ